株の売買方には現物取引と信用取引があります

ご存じだという前提ですが、株の売買方法には、現物取引と信用取引があります。まず初心者にはリスクの高い信用取引はお薦めしません。 自分の資金の範囲で投資できる現物取引を断然お勧めします。 入金した金額より損するリスクがないんですので。たとえば、優待狙いで長期投資するのも良いと思います。 一発集中の投資をおこなう方にはさほど必要ありませんが、株、債権、海外投資など、色々な投資をおこなう場合はポートフォリオを最重要視して投資の是非を下すべきです。投資でもっとも大切なことは、リスク分散型の投資の型ですのでバランスの良い投資がポートフォリオで行なわれているかどうか、常に確認することが大切です。 株式投資はきわめて魅力的な投資のやり方の一つです。でも、株の売り買いにはいろいろな危険も持っています。株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などのリスクがあります。 株式投資は定期預金などとはちがい、元本が保証されません。 株の初心者は、危険をしっかりと認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)して用心深く投資をおこなう必要があります。 株式投資をするにあたって、いくら値動きがすごいからといっても、出来高が小さい小型株式を購入することは、お薦めしたくありません。 どうしてかというと、普段から出来高の少ない銘柄は購入した株式が売却したい値で売れないからです。私はつい最近、株式投資を初めたばかりの新米です。 株を買い、ある程度得したら、すぐに売るべきなのか、逆に、長期保有した方が利得になるのかが理解できず、まだまだ悩んでいます。 長く手基に置いていると、優待も得られますし、悩んでしまうところです。 株の初心者の弱点は、ずばり損切りというものです。 ついつい上がると思ってしまい、手放さない場合が多いです。 または、損したくないと考え、さらに損失を拡大指せてしまうパターンがあります。 絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限に抑える事も株投資においては、とても大事な事です。 株の初心者からベテランまで絶対確認しないといけない数値が日経平均というものです。 日経平均とはトヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産といった、日本代表の全225社の株価を平均したものをさします。 初めて間もない人でも毎日継続して日経平均を確認していれば、株価の大きいトレンドがつかめるようになってくるでしょう。賃金はなかなかアップしないのに政府は物価を引き上げようと熱心になっています。 物価が上がるならば企業の収益もアップすることになって、株価上昇にもなります。 銀行などに余剰資金があるのならば、株投資をしてみると良いです。 株のやり方は簡単です。 証券会社に口座を持てばよいのです。最近では、インターネット証券なんかもありますから、スムーズに取引が出来ます。
ネット証券手数料比較!初心者おすすめランキング【口座開設】