パソコンDDR3メモリなら

DDR3メモリとは、「DoubleDataRate3メモリー」の略称で、PCに使われる半導体メモリ(DRAM)の規格の一種です。
DDR3メモリには、チップ規格とモジュール規格の二つの規格が存在しています。
チップ規格はメモリの周波数に、モジュール規格はメモリの転送速度によって異なります。
データの転送速度については、理論上前規格DDR2メモリの2倍とされています。
DDR3の最も古いモデルが発表されたのが2005年で、その後高速な仕様が次々に開発されています(現行モデルのデータ転送速度は初期モデルの8倍)。
コストの面でややDDR2に見劣りするものの、今後の低価格化が期待されています。
パソコン買い換え人気?おすすめランキング中!【失敗しない買い方は?】