カラコンの安全性は?

以前、ニュースなどで見たことがある人もいるかもしれませんが、カラコンの粗悪品による色素沈着や角膜への深刻なダメージが、問題視され利用者に注意喚起されるということがありました。
これにより、カラコンの安全を確実にするため、現在では厚生労働省の認可済みのカラコンでなければ、国内での販売ができないようになっています。
ニュースの影響からか、外国製のカラコンや安いカラコンをつけると、深刻な健康被害が起こると思いこんでいる方がいますが、今は認可システムにより、国内販売されているカラコンの安全は、十分に確保されていると言えるでしょう。
もちろん、海外で販売されているものはどうかわかりません。
海外旅行などで安いカラコンを購入する際は、自己責任となりますので、慎重になることをおすすめします。