医療機関にとって重要な業務を担う医療事務って?

医療事務は簡単に言うと、レセプトという診療報酬明細書の作成を行い、その請求業務を行う事務職のことです。
具体的な仕事内容は、病院や調剤薬局など働く医療現場でによって多少違いはありますが、大きく次のような業務があります。
まずは、病院の顔としての受付業務があります。
来院した患者さんの初診や再診の手続き、保険証の確認・診察券の発行、会計、また病院によっては入退院などの手続きもあります。
次に、患者さんの大切な情報であるカルテ入力です。
保険証の情報や診察内容などのデータを入力します。
次に、医療費の計算です。
これは、加入している医療保険によって金額を算出する必要がありますので、専門知識が必要となってきます。
最後に、医療事務の業務として重要な診療報酬明細書の作成があります。
実際、窓口で患者さんが支払った費用は診察費用の一部ですので、残りの診察費を社会保険や国民健康保険に請求しなければいけません。
そのための診療報酬明細書を作成をします。
医療事務は、患者さんと関わりながら医師や看護師をサポートし、診療報酬明細書の作成という医療機関の経営面を支える重要な業務にも携わる仕事なのです。
保険ライフ評判悪い?写真付き体験暴露中!【私の無料相談体験談】